歩行者橋 Pedestrian Bridge /Loopbrug

2011.04.15 Friday 11℃  21:11


d0047851_10501990.jpg

河川大型運搬船が通った後に波がチャプチャプと音を立てて河岸にぶつかる
運搬船の人達はほとんど船の上での生活だ
自家用車も積んである
時には洗濯物がひらひらと風邪にたなびいている
犬が忙しそうにデッキの上を歩いていることもある
子供用の砂場があるのもある








河の両岸には素敵な石畳のプロムナード
d0047851_10503970.jpg

d0047851_1051422.jpg


この橋は下からの姿も素敵
d0047851_1051545.jpg


自転車を押して階段を上がる人達
d0047851_10535238.jpg


エレベーターで上に上がることも可能
身体障害者やお年寄りにはフレンドリー
d0047851_1056952.jpg


空の輪郭を感じる
d0047851_10574412.jpg

d0047851_1058385.jpg

メタリックが美しい
d0047851_10583925.jpg

[PR]
Commented by 森のどんぐり屋 at 2011-04-18 12:00 x
お船で生活されている人々のこと、何かで読んだことがあります。大変な部分もきっとあるのでしょうが、馴れておられるから大丈夫で、けっこう快適に暮らしてるのでしょうね!

橋も温かく作られていて、すてきです。思いやりのある建物はいいですね。お国柄でしょうか?
Commented by moulegai at 2011-04-19 04:53
>森のどんぐり屋さん
かえって普通の小さなお家よりは船のお家の方が広かったりしてなんてこともあります。でも子供が学校へ通う年になるともう船の上では暮らせないので、寄宿学校にいれられるようです。寂しいですね、でも週末や夏休みは家族一緒に船の上で(実家で)。

この国では身体障害者があらゆる法律で護られています。
やり過ぎだな〜と思う点もあるにはあるのですが。
例えば新しくレストランやカフェなどの店をはじめる場合身体障害者用のトイレを作らなければ店は開けられないとか、などなど。
Commented by 森のどんぐり屋 at 2011-04-19 11:19 x
やはりそうなのですね。
やりすぎくらいでも、良いのではないでしょうか?

日本と足して2で割ったらちょうど良くなるかも、ですね!

先日の大震災でも、障害者の方など「災害弱者」と呼ばれる立場の皆さんは、ほんとうにつらい思いをされているようです。
特に避難所に入れない方は・・・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by moulegai | 2011-04-15 21:03 | かたち  forma | Comments(3)

何だろう?・・・・・・ copyright protected


by moulegai
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30