セイヨウゴボウ Salsify/Schorseneer

2013.02.17 Sunday 6℃

d0047851_1264594.jpg





セイヨウゴボウ Salsify/Schorseneer
和名はセイヨウゴボウだが牛蒡とは見かけだけで味も食感もまったく違うもの
日本人で牛蒡と間違って食べたことがある人は少なくはないだろう


d0047851_127724.jpg




皮を剥こうと生のうちに切ると
皮とみの間からかなり粘着性のある液がでてくる
d0047851_1312795.jpg

d0047851_1315634.jpg


これが包丁や指に絡まってたいへんなので
流動水の下で切るか
またはブランチングして粘液止めをしてから皮を剥く
d0047851_1322192.jpg

柔らかく茹でたあとは酢水につけるなどする
d0047851_1324688.jpg


冬期のアスパラガスとも呼ばれるこの野菜
アスパラガスのようにソースオランデーズでハムなどと組み合わせるのもまた良し
マヨネーズもまた手軽で良し

しかし今はやはり寒い冬
ベーコンとチーズベシャメルソースで(photo20130218)
d0047851_1364514.jpg

[PR]
Commented by 仕込みが大事? at 2013-02-21 23:18 x
こういう素材は、段取りが大事そうですね。
奥が深いです!
Commented by moulegai at 2013-02-22 22:24
>"仕込みが大事?"さん
大事で大変なのです。
それで戦後は忘れ去られた野菜であります、最近になって復活です。
Commented by sadacoro at 2013-02-23 23:18
下処理は、サトイモのような、感覚ですね。
こちらでも
育てにくく、収穫までが、長く、食べるのに手間がかかるものは、需要がなくなりますが、またみなおされて復活させて、いただく、いいですね。
Commented by moulegai at 2013-02-24 23:56
>sadacoroさん
オーガニック、エコロジーなどの名の下に復活見直されることやものが増えてきているのはある程度の安堵を覚えますね。
Commented by 7110 at 2016-03-10 08:25 x
こんなゴボウもあるんですね
戦時中、日本兵が捕虜の米軍兵にゴボウを食べさせて、それが軍事裁判で米軍兵に木の根っこを食べさせたという事でゴボウを与えた軍人が死刑になった…という話を聞いた事があります。
こんな西洋ゴボウならそんな事なかったのかなぁ…と
ふと思いました。
でもこれキレイですね。
日本のゴボウはこんなに白くなりません。

Commented by moulegai at 2016-03-10 12:38
>7110さん
このブログ本文にもあるように「和名はセイヨウゴボウだが牛蒡とは見かけだけで味も食感もまったく違うもの」です。
その戦争時の「ごぼう」の話は聞いたことがあります。是非はあれ失礼な話でもありますね。
日本の牛蒡は昨今中国人の間で抗がん作用があるということで中華食品店でてにはいります。味は日本の牛蒡なのですが柔らかめです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by moulegai | 2013-02-11 14:23 | ジビエ gibier | Comments(6)

何だろう?・・・・・・ copyright protected


by moulegai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31