スーパーのドライエイジングビーフ Supermarkt's Dry Aging Beef

2014.05.07 Wednesday 15℃

d0047851_2338719.jpg


d0047851_23384115.jpg


d0047851_2339594.jpg



こんなドライエイジングビーフが
スーパーの精肉コーナーに特設されたドライエイジング用の冷蔵庫に蓄えれている
普通の精肉店にも無いものを
この大手の新しくできた安いスーパーがやってのけている
街中に住んでいる私はわざわざこの町外れにあるスーパーまで出かける
肉はおいしい
それにも増して割と安い

d0047851_23431166.jpg

骨からは美味しいビーフコンソメもとれた
d0047851_23435740.jpg



さてこのスーパーパイロットプロジェクトとしてはじめたみたいだ
売れ行きが悪ければ排除されてしまう売り場だ
これからどうなるのでしょうか



この容姿に惚れたね
d0047851_23472626.jpg

[PR]
Commented by 7110 at 2014-05-13 00:16 x
ドライエイジングビーフというのを初めて見ました。これは骨付きのサーロインって事なんですか?
ここから骨と肉とを分けて使うんでしょうか?
日本ではあまり見ないので驚きました。
Commented by moulegai at 2014-05-13 07:50
>7110さん
これは骨つきのままステーキにされるものです。T-ボーンステーキってあるでしょ、それのたぐいですよ。
でも私は骨を外してスープにしてしまいました。
家に帰ってよくみてみたらサーロインでしたね、精肉の担当の人がアルバイトの子でよくわからなかったみたいでもしかしたら値段まちがえたかもです。
1キロちょっとの重量で21ユーロですから、すごく安いです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by moulegai | 2014-05-07 21:51 | Comments(2)

何だろう?・・・・・・ copyright protected


by moulegai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31