ザワークラウト、スモークソーセージ Zuurkool,Rookworst

20150215 Sunday


d0047851_2432839.jpg




普段はバターでいためるが
今回はこの同じ州にある和牛の飼育場よりヘット(脂肪)をいただいていたので
d0047851_245479.jpg

d0047851_2454024.jpg

有機食品のザワークラウトのパックを開け
漬物のザワークラウトを和牛のヘット(脂肪)で炒め
白ワインをそそいで
d0047851_2462087.jpg

スモークソーセージを加えて煮る
d0047851_2503681.jpg

d0047851_2521337.jpg

その間にピュレー(マッシュポテト)の準備
芋の量の10%ほどの重さのバターをいれてピュレーにする
硬さは煮汁で加減
d0047851_2522850.jpg


スモークソーセージを取り出し切る
温めてある皿に
ピュレー、ザワークラウト、スモークソーセージをもる

d0047851_2554895.jpg




ザワークラウトはキャベツの漬物であるので家庭でも出来る
作り方は過去のブログにもある

ザワークラウトはキャベツの酢漬けではなく塩漬けの乳酸発酵により酸っぱくなったもの。
そしてほとんどのザワークラウト料理は漬物のザワークラウトを煮て作る料理。

漬物ザワークラウト材料と作り方
材料:
キャベツ 1キロ、塩 10g、 ヨーグルト(出来れば豆乳)50cc/乳酸発酵を促すためで本来は伝統的には加えないが家庭で作る場合簡単である、スパイス類(黒こしょう、ジュニパーベリー、キャラウェーシード、ローリエ月桂樹葉、タイムなど)これは好みで加えなくてもよい
作り方:
*キャベツはスライサーなどで極うすく切る。
*材料全部(スパイス類は無しで)を手でこねる様に水が出てくるまで混ぜる。
*漬物に向くような容器に味噌を仕込むような要領で空気を抜きながらキャベツを層にして入れてゆく、このとき好みでスパイス類を加える。
*漬物石を乗せて冷暗所に保管、一週間に一度はチェックをして水があがっていなければ11%の塩水を加える、カビなどがでていれば清潔な布などで取り去る。
*6−8週間でザワークラウトは出来上がる。
[PR]
Commented by sadacoro at 2015-03-03 14:42 x
丁寧にレシピをあげてくださってうれしい!!
ありがとうございます。
今からソーセージを買いに、行ってきます~
Commented by moulegai at 2015-03-03 21:55
>sadacoroさん
そうザワークラウトはしっかり煮ておいしい漬物ですね〜。ベーコンもおいしいですよ、何時ものはこの組み合わせです。豚のスペアリブもいれると良い、骨付き肉との相性はさいこうです。
Commented by sadacoro at 2015-03-03 22:56
白のココット鍋?は琺瑯ですか?
一人分でかわいいですね!
Commented by moulegai at 2015-03-03 23:14
>sadacoroさん
はい、ほうろうです。フィネルというフィンランドの1960年代のものです。色々他にも持ってますので、そのうちブログにのせましょう。
Commented by sadacoro at 2015-03-11 00:17
レシピのように、ワインだけで煮込みました。酸味が出たので、次回はお出しで割ってみます
カンパーニューの相性は抜群!と自画自賛^^
おいしくできました。ありがとうございます。
Commented by moulegai at 2015-03-14 21:50
>sadacoroさん
ワインにもよります、甘めのアルザス白ワインなら酸っぱすぎずに仕上がります。ブイヨンは大正解!あのジャック(ミシェラン星)さんのところではフォンドヴォーをつかってます。(つまり肉のブイヨンです)
おいしいパンとの相性は抜群ですね。まだ余っていたらパンにのせてチーズをのせてオーブンでやいてみてください、旨いです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by moulegai | 2015-02-15 22:29 | ジビエ gibier | Comments(6)

何だろう?・・・・・・ copyright protected


by moulegai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30