<   2009年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧




d0047851_19583177.jpg

ヴラーイvlaaiという南リンブルグ州特有の一種のパイpieのが有る。
中に入れるものとパイの生地によって色々種類が有る。
DvdW君が週末「昔ながらの石釜薪焼き」体験に行って来たのでそのお裾分けとしてワザワザ家まで届けてくれた。
メールで月曜日の朝連絡してくれたのだが私はあいにくギャラりーのほうで一日中雑用をしていたのでその連絡は見ていなかった。
しかし夕方私がちょうど家にもどった頃ヴラーイ(パイ)を二切れ持ってやって来た。
チェリーは殆ど砂糖を加えずそのままだそうだ。
他のフルーツもだいたい昔ながらのやり方では砂糖を加えたりせず果物の甘みを利用してヴラーイの生地に直接のせて焼く。
菓子とはもともとそういう果物の甘味を堪能するものだった、
それが砂糖が安く出回る様になった昨今、過度に甘くし本来の味を失ったものがどれほどあることか。
[PR]
by moulegai | 2009-08-31 17:15 | そうなんだ〜 oh~I see | Comments(0)

d0047851_8532496.jpg
ギャラリーに出展しているアーティストと客、総35人の為のディナー 


d0047851_8534339.jpg


前菜の準備中
d0047851_854944.jpg

アミューズの鹿肉のラグーカナッペをつまんだ後は皆席に着きます、
7:57pm  晩餐のはじまりです
after amuse bouche canape venison zuurvlees mayonnaise,
everyone got seated to start the dinner
d0047851_854286.jpg

前菜・キュウリの丘の上の鮭のフリット、ミニトマトの白ワインマリネ丁字風味のゼリーよせ ディルサワークリームソースで
hors-d'œuvre • salmon fritto and jellied in white wine marinated mini tomato
on the bed of cucumber with dill creme fraiche sauce
d0047851_8544860.jpg


この後
*スープ・クルジェット(ズッキーニ)のみそ汁
soup• courgette Miso soup
*メイン・スモークトラウトフィレー、プローンブロシェット、タブレー
main • smoked trout filet, prawn brochette, taboulet
*デザート・フルーツボウル、フロマージュフレ、グランマニエ酒かけ
dessert • fruits punch topped with fromage blanc, Grand Marnier
*サプライズ・アイスクリームコーン レモンソルベ
surprise• ice cream cone lemon sorbet

そしてこの後メンバーの何人かは夜があけるまで果てしなく飲み語り合いをしていたのでした。
[PR]
by moulegai | 2009-08-28 19:12 | かたち  forma | Comments(0)

リハーサル rehearsalにあるメニューをメインとして
ギャラリーのプレス(新聞記者、ローカルテレビ)の人達への
ランチを12人前作った

アミューズ・ポテトチップに鹿肉のラグーをのせ少量のマヨネーズでトッピング
amuse bouche • canape venison zuurvlees mayonnaise
前菜・重ねる順番でいうと/ホウレン草のオリーブオイルあえ、鮭のフリット、クレームフレーシュ、ミニトマトの白ワインマリネ丁字風味
hors-d'œuvre • salmon fritto on the bed of organic virgin olive oil marinated spinach
topped with creme fraiche & in white wine marinated mini tomato
スープ・冷製ビシソワーズ
soup • Crème Vichyssoise Glacée
メイン・スモークトラウトフィレー、プローンブロシェット、タブレー
main • smoked trout filet, prawn brochette, taboulet
デザート・フルーツボウル、フロマージュフレ、グランマニエ酒かけ
dessert • fruits punch topped with fromage blanc, Grand Marnier


[PR]
by moulegai | 2009-08-26 12:30 | かたち  forma | Comments(0)

来る28日金曜日、ギャラリーの人達にディナーを振るまうことになった。
なんせかんせ35人前なので予行演習に一応作って食べてみた。
タブレー(クスクスサラダ)、スモーク鱒フィレー&蝦のシャシリック
d0047851_6275885.jpg

ミニパプリカのタルタルステーキ詰め焼き
d0047851_6281766.jpg

[PR]
by moulegai | 2009-08-22 21:55 | かたち  forma | Comments(0)

午後八時ぐらいから涼しい風が吹き始め空はゴロゴロと鳴っている
d0047851_8423882.jpg


雨の後気温は摂氏19度だった、日中の最高気温が36度だったから
17度も下がったことになる。
d0047851_8425357.jpg

[PR]
by moulegai | 2009-08-20 20:47 | そうなんだ〜 oh~I see | Comments(0)

じゃ皆でアイス屋で涼むか、暑い日には熱いもので
we can all cool down at the ice cream parlor,
spicy hot food for the day

色々野菜とビーフのスープ vegetable&beef soup
d0047851_8283136.jpg

pasta - aglio e olio/boscaiola/arrabiata
外はまだ34度ほどだがアイス屋の半地下にある食事のコーナーなのでわりと涼しい
d0047851_8284975.jpg

[PR]
by moulegai | 2009-08-20 18:45 | 外食 cafe restaurant | Comments(0)

真夏日摂氏36度 Summer 36ºC


現在16時35分 外の気温34度
真夏日摂氏36度 Summer 36ºCを午後2時に記録したそうな
しかし今私が居る壁の厚い古い石造り家の一階(ヨーロッパ式では地上階という)は
25度以上にはならなかった。
クーラーなしで快適、家の造りとはそうあってほしいものだ。
地球温暖化の対策にはこういう基礎からのものが必要かとも思う。
暑いイタリアや南フランスなどの昔の家の造りは良く出来ている。

単にクーラー、暖房の使用を規制して快適な生活をおくれないとは悲しいではないか。
そういうことを制限する前に快適な住居が必要かな。
[PR]
by moulegai | 2009-08-20 16:21 | そうなんだ〜 oh~I see | Comments(0)

火曜日午後6時、アイス屋でスパゲッティアラビアータとボスカイオーラを完食する
spaghetti arrabiata
d0047851_10121888.jpg

spaghetti boscaiola
d0047851_10123729.jpg

ペペロンチーノをたしてもらいエクストラホット
[PR]
by moulegai | 2009-08-18 18:08 | 外食 cafe restaurant | Comments(0)

リンゴのビールがあるので試してみた
イギリスにはサイダーというリンゴ酒があるが、これはそれとはちょっと違った
I tried apple beer, which tasted very fresh and light.
English cider is different from this.
d0047851_9481718.jpg


「ズィーシューム」というローカルのミュージシャンがカフェテラスでのコンサート
the concert of a group called "Ziesjoem".
d0047851_953483.jpg

d0047851_9552250.jpg

d0047851_9574942.jpg

この人達はもと私の御近所さんだった
They used to be my neighbors.
d0047851_95894.jpg

d0047851_9582611.jpg


興味のある方は見てね if you are interested in,
YouTube ---> http://www.youtube.com/watch?v=fde7sFh-HwU
今年のカーニバルで教会広場での出演の時だとおもう
[PR]
by moulegai | 2009-08-16 20:08 | 外食 cafe restaurant | Comments(0)
 
DvdW君が前から頼んでおいた未熟な青いブドウを持って来てくれた。
ヴェルジュというヨーロッパでは中世からルネッサンス頃までは酢やレモン汁の代わりに
酸味料として使われていたものだ。昨今はもう忘れ去られた調味料であるが
スローフードの活躍もあってちょとは見直されているようでもある。
d0047851_8384536.jpg


これからヴェルジュverjusを作ろうということだ。
ジューサーがあるのでそれを使い汁だけをとる。
汁をすこし発酵させ、その後パスチャライズをほどこして発酵を止めて保存ということになる。
しかしヴェルジュはあくまでも酢や柑橘系の酸味の無い季節に使うものなので
昔の調理法にはヴェルジュは新鮮なものを使うのが本領となっている。
d0047851_839377.jpg

[PR]
by moulegai | 2009-08-14 20:08 | そうなんだ〜 oh~I see | Comments(2)

何だろう?・・・・・・ copyright protected


by moulegai