<   2010年 05月 ( 37 )   > この月の画像一覧

2010•05•30 21:39
京都・野菜・丸大根(幸福の大根だより)のブログ2010•05•25でのエンドウごはんをNHKためしてがってん「今が旬!豆ごはん革命」を参考にして作ったのを見た。
とても美味しそう、というのも寒吉さんが『こりゃ~料亭の味だな。エンドウごはん。
お代わりを2回してしまった。』とあったのでかなり刺激された
それでは私もと作り方を見る
難しくないが一応参考までにして後は自分なりにちょっとかえてしまった
「みじんビース」を作るとこも塩をひとつまみいれて--->色の固定
ごはんは塩を入れて炊くが「みじんピースはごはんが炊き上がった直後」とあるが
それはしない
ごはんは炊いておいて必要な分だけそのつどみじんピースを混ぜて蒸し器/レンジであたためてだす
ペッパーステークを焼いて添えてワンプレートとして
green pea rice & black pepper steak

d0047851_823562.jpg

[PR]
by moulegai | 2010-05-31 21:39 | 麺飯パンNoodleRiceBread | Comments(5)

日曜の夜は8時まで開いているからちょっと食前酒のつもりで
他のビールを試しにゆく(私はあくまでも味見、飲めないですゲコ)

昨日はボトルだけ見て試してなかった地元の林檎&梨入り
Rick's Beer - http://www.ricksbier.eu/
d0047851_741287.jpg


アフリゲム・パータースヴァット ブロンド
一年に一度しか作らないというレアもの
Affligem Patersvat Blond, brewed only once in a year
d0047851_7414235.jpg


帰り際に勘定をしようとするとバーのオーナーさんがちょっと待てという
バーに座る
味見をしていけと、あるボトルを開ける
PANNEPOT 2008
スパイスの効いたコーヒ系モルトの味が濃いビール
ひとくちめにはリコリス(甘草)のような甘味がパンチしてくる
そのあとスパイスの辛みがほのかに味わえる
d0047851_7425284.jpg

アルコールが口から消えてくると他のスパイスの味がわかってくる
ほのかな淡〜い少量のコンプレックスな香りと味がある
d0047851_743857.jpg

De Struise Brouwers - http://struise.noordhoek.com/eng/
この醸造所のビールはアメリカで人気があるらしく
ホームページはアメリカ英語のみ
YouTubeでちょうどこのpannepotがみられる




ふと壁をみると248種類ビールがあるという看板
実際にはもっとある300種程
d0047851_7434055.jpg


見えるだろうか、無濾過ビール
Affligem Patersvat Blond is not filtered.
d0047851_7495318.jpg


Café Frape
Het Bat 7
6211 EX Maastricht, Nederland
06 48658918

opening hours
M 9:00~20:00
T Closed
W 9:00~20:00
T 9:00~22:00
F 9:00~24:00
S 9:00~24:00
S 9:00~20:00
[PR]
by moulegai | 2010-05-30 18:45 | 外食 cafe restaurant | Comments(0)

土曜の街 Town on Saturday


身近に見つける遠くのもの
ここにもあったRick's Beer
d0047851_0111955.jpg

Café Frape
Het Bat 7
6211 EX Maastricht, Nederland
06 48658918
[PR]
by moulegai | 2010-05-29 17:52 | 外食 cafe restaurant | Comments(0)

GvdA君がアイスを食べている自分とMRのところへ突然現れる
DvdWと電話でカクカクシカジカの話をしたからと
DvdW君のRenault Rodeoで地元のあるサクランボビールを探しに
ベルギーのある小さな村へ突然行く事になった
d0047851_1317263.jpg




19:37
ベルギーのある小さな村のあるカフェに行く、しかしここは違った
looking for certain cherry beer
d0047851_13172015.jpg

一応コーヒなどを注文してそのビールがあるところは何処かと聞いてまわる
d0047851_13184149.jpg

ここのブルッセルワッフルが意外にも美味しかった
d0047851_13185832.jpg




20:12
あのビールをだすカフェがあったWe finally found the cafe.
d0047851_13195447.jpg

20:19
このカフェでは樽からサーブしてくれた
飲んでみる Rick's Abbesse fresh tap beer
d0047851_13225352.jpg

Rick's Abbesseチェリービールについて詳しくは後ほど
more about Rick's Abbesse beer coming later

20:54
このビールを作り出したRick氏の家まで行ってみた
DvdW君によるとRick氏のところはビール博物館になっているので
見に行こうということだった
もう彼のところではビール醸造はしておらずGenkという町の醸造所に任せてあると言う
Rick氏はホームページを見てもらえれば色々載っているのでそちらへという
d0047851_13233868.jpg

Rick's Abbesse bottle label
d0047851_13491395.jpg




21:35
ヴァルデューVal-Dieuビールアブデイの前を通る
d0047851_13242314.jpg

d0047851_13244129.jpg




21:47
オベルAubelに着く
日も沈みだんだん肌寒くなってきたので車の幌をかぶせる
d0047851_13253079.jpg

21:55
昔ながらの宿屋カフェ
d0047851_1328462.jpg

GvdA君がつっかえてしまった入り口
d0047851_13282120.jpg

d0047851_13284226.jpg





お腹がすいてビゼーVise(Belgium)のマーケット広場でピッツァを食べようと行ったが閉まっていたのでお隣のトルコのドナーカバブ屋でデュルムとポムフリットを食べる
家に帰ってきたのがもう夜中の1時だった
ヘンリー(猫)が窓から外を眺めていた、私を待っていた...カワイイやつよ
[PR]
by moulegai | 2010-05-28 19:12 | かたち  forma | Comments(4)

16:57
仕事とでちょっと寄ったビルの陰に街の真ん真中なのにこんなところがある
d0047851_11437100.jpg

It's amazing to see such a place right in the center of the town.
d0047851_11432286.jpg


17:36
昨日あまりにも人が沢山で何となくゆっくり食べられず食べ損ねた感のする
パスタプッタネスカをアイス屋に食べに行く
パスタを注文してからパトロンが今日は天気もいいし
このようなさっぱりした前菜があう日だ
とだしてくれた酢漬ムール貝のカクテルサラダ
d0047851_11433729.jpg

パスタ・プッタネスカ 大盛り!
d0047851_11435284.jpg

[PR]
by moulegai | 2010-05-28 16:57 | かたち  forma | Comments(2)

今晩は人が集まる集まるなんと9人
初めはイタリア式にバル(bar)で飲み物やスープを
後で2つのグループに分かれてテーブルへ
その後いつもの友の面々で自分家でいろいろアート雑談
皆が帰っていったのが夜中の12時
楽しかったな〜

今日のスープ グリンピース・スープ fresh green pea soup
d0047851_9374056.jpg

プッタネスカ pasta alla puttanesca
d0047851_9385246.jpg

TK君、彼は木曜日は私達と普通は一緒にならない
明日屋外ポップフェスティバルPINKPOPへ行くというのでちょっとエクサイトしてる
d0047851_9401867.jpg

いつもの仲間
d0047851_9412590.jpg

私がいつもアイス屋のスープ&パスタが美味しいと言っているので
ジャンピエールは奥さんとスペインからのお友達をつれてやってきた
d0047851_9431594.jpg

[PR]
by moulegai | 2010-05-27 20:26 | 外食 cafe restaurant | Comments(0)
昔からあってもとっても新しいと感じるものがたくさん世の中にはある
良いものとはいつも新しく感じるというか魅力があるというか

ビールの味見にいってみた
あのカフェのオーナーさん
今日の午後仕事で行って来た我が友に
特別なボトルを手に入れたよと耳打ちしてくれたそうだ
それではと

d0047851_1513055.jpg

Oude Gueuze(Hanssens)
d0047851_152566.jpg

左L:クリーク(サクランボ)Oude Kriek(De Oude Cam)
右R:ギューゼ Oude Gueuze(Hanssens)
d0047851_153034.jpg

d0047851_1533922.jpg

ビールの肴、左:野菜ミニ春巻き 右:チーズスティック、マスタード添え
d0047851_1543671.jpg

カフェのオーナーさんが勧めてくれたちょっと変わった味のビール、甘味がある
Stille Nacht - De Dolle Brouwers
d0047851_1552183.jpg

上記のビールはクリスマス用でグラスは普段使いのもの
d0047851_1553754.jpg

リレットをライ麦パンにのせて
d0047851_1562847.jpg

ミューズの流れを見るテラスにはあいにくの雨で誰も.....
d0047851_1564980.jpg


Café Frape
Het Bat 7
6211 EX Maastricht, Nederland
06 48658918
d0047851_2134850.gif
opening hours
M 9:00~20:00
T Closed
W 9:00~20:00
T 9:00~22:00
F 9:00~24:00
S 9:00~24:00
S 9:00~20:00


わりと休みをきっちりとるカフェなので開店時間を確かめて行かないと大変
[PR]
by moulegai | 2010-05-26 19:00 | 外食 cafe restaurant | Comments(0)

地元の味 Local Dishes

ポムフリット(フライドポテト)のことやその他のソースについては過去に何度もブログに載せているので振り返ってみる

皆様の御期待に答えて To Fulfill Your Expectations 2008年 09月 23日
どういうわけか自分のブログをかいま見た地元の野郎どもが
僕らも美味しいフリットfrites(フライドポテト)が食べたい、
君のブログにあるような美味しそうなフリットが食べたいという。
それではと自分は3kgものジャガイモを購入し皮をむき、水にさらし、
切り、二度揚げするわけです。
d0047851_2455840.jpg

d0047851_2461790.jpg

d0047851_2463148.jpg





新しい揚げ物専用鍋 New German Deep Fryer 2008年 09月 15日
d0047851_10583948.jpg

この間アーヘン(独)でタイの物ばかりでなく
地元の物ももとめてみた。
揚げ物専用鍋、ちょっと中華鍋にも似た感じで
日本の天ぷら専用鍋と殆ど同じだと思う。
違うと言えばちょうど鍋にすっぽり入る油きり用の金属製籠が付いてくる。
油が2リットル入り、芋も2キロ全部一回で揚げられる。
新しい物ではないけれど鉄鍋だから電磁調理器にも対応、さすがドイツ。
d0047851_10593729.jpg
d0047851_110216.jpg

美味しいフライドポテトのこつ:
適当に切った芋は水にさらし、よく水切りをすること。
キッチンタオルで包んでさらに乾かす方がより良い。
揚げ油は正統かつ伝統的なベルギーフリットの場合はラードと馬肉の脂肪、
又はラード&ヘット(牛脂)を半々に使う。
最近のモダンキッチンでは揚物専用の植物油を使うことが多い。
芋は「2度揚げ」することが外側カリッと内側ほっこり柔らかにするこつ。
1度目は低い温度で芋が柔らかくなるまで火を通す、その後油をきり冷ます。
2度目は高い温度ですばやく黄金色になる様に揚げる。
塩を適量ふり混ぜ、そのままスナックとしてはマヨネーズやマスタードをつけて食べる。
付け合わせの場合も塩は必ず揚げたてのときに適量ふる。




マルディグラ Fat Tuesday / Mardi Gras / Vette Dinsdag 2009年 02月 24日
今日はカーニバルの最後を祝う日ということもあって人が自分の所に集まるので
メニュー
・ライベクッヘン Reibekuchen/Potato Pancakes
・レッドビーツ red beets/ rode bieten
・煮リンゴ(アップルソース)apple butter/appelmoes
・ズールフレースZoervleisch(zuurvlees)
・ノンネヴォッテン(ねじりドーナッツ) nonnevotten

ズールフレースZoervleisch(zuurvlees)jというのはローカル色たっぷりの
伝統的なカーニバルの肉の甘酸っぱい煮込み料理がある
牛肉か馬肉で作るが自分の冷凍庫に眠っているかなりの量の鹿の肉を食べ切ってしまおうということでズールフレースを鹿肉で作る
作り方はごく簡単、肉を酢と同量の水で割ったものに一晩浸けておく
このときスパイスも加える、 クローブ(肉一キロにたいし5粒ほど)、月桂樹の葉、黒こしょう
翌日肉をざるに上げて水気をきる
厚手のシチュー用の鍋などにバターを溶かし肉を炒める
別の鍋に玉葱(肉の量の半量)をバターで炒めて肉の鍋に加える。
マリナーデを加え、リンゴの濃縮シロップを加えて肉が柔らかくなるまでコトコト煮込む
最後にペーパークークというライ麦粉で作られたスパイスケーキを加えてトロミをつけたら完成

Zoervleisch
3 kilo reebok
750ml azijn + 500ml water
1 kilo uien
boter
appelstroop
kruidkoek
kruidnagel, zwartepeper, laurier, zout




マーケット広場にあるポムフリット屋、今まではここが一番だった
しかし今は違う(2010年5月)
フリット(フライドポテト) Frites bij Reitz 2007年 09月 19日
d0047851_4173994.jpg

フリット・スペシャール
カレーケチャップ、マヨネーズ、タマネギのみじん切り(生)がかかったもの
d0047851_4175757.jpg


この「カレーケチャップ」なるものがなかなかおもしろい
ケチャップとよばれるソースには色々種類があるから
日本人がすぐ想像するトマトケチャップと思ってもらってはこまる
なにか比べられる様なソース類が日本にはあるだろうかと考えてみると
お好み焼きソースに似ているかな〜とも...
[PR]
by moulegai | 2010-05-25 16:43 | 昼飯 snack | Comments(6)

そういうワインやっぱりが有るんだ〜 Such Wine Exists
ソムリエ/レストランシェフの人達とたまにかわす会話のなかででてきたことは
あるけれど自分でこんな風に経験するのは初めてだ
自分は酒類があまり飲めないゲコなので味見をするだけで
飲む量が少ないというのがちょっと経験不足につながる

昔々あるところに.....
このワインのコルク栓を開けてディナーのため2〜3時間ほど開けておいた
ディナーのテーブルでワイングラスにそそぎ味わう
あれれー、そこそこのワインだ、ワインエチケット(ワインラベル)はすばらしいが
あまりにも期待はずれの味、 残念!
料理用としてキッチンの冷暗所にしばらく忘れられて眠っていた

d0047851_0325426.jpg


それから何日か経って今日休日の散歩のあと
思い立って遅い夕食をきちんと家でしようじゃないかという事に
ペンテコステ休日用に買い置きしていたものが冷蔵庫にあった
(このような休日は店はどこも閉まってしまうので買い置きをしておかないと餓死する、ちょっと大袈裟だがなきにしも有らず)
空豆の塩バター煮セイヴァリー風味、サーロインステーキの夕食
他のワインがないので殆どまるまる1本分あるので良いかと思ってこのワイン卓上に一応だしてみた
友は「美味しい」という
「料理はおいしいに決まってるじゃん!」自分は思った
違った、「ワインが美味しい」と言う
「え〜!?」
そのワインを一口
「え〜!?、どうしたのこれ? ぜんぜん美味し〜い!」


良いワインの中にはボトルを開けて一晩以上空気に触れさせないとそのワイン本来の味がでないというものがある
デカンターといのはそういう意味でワインの酒石酸結晶や澱などを取り除くだけでなく空気を含ませて風味を良くする役目も有るのだ
[PR]
by moulegai | 2010-05-24 23:52 | そうなんだ〜 oh~I see | Comments(0)

揚げ芋屋 Frituur De Kommel


d0047851_7402859.jpg

クロケット/フリカンデル/シャシリック/ミートボール/サテー/その他
d0047851_7404770.jpg

ズールフレースzuurvleesというローカルの肉の甘酸っぱい煮込みにマヨネーズ
d0047851_7411635.jpg

ここのポムフリットが街で一番美味しいと言ったら
うれしそうに色々ポムフリットうんちくを披露してくださったトルコ人オーナーさん
d0047851_7413824.jpg

けっこうこのホームメイドって書いてあるのが微笑ましい
d0047851_7431696.jpg


Turkse eigenaar bakt ouderwets goede frieten. Het geheim van goede
friet is een goede bakeenheid, twee tot drie keer per week nieuw
frituur vet en vers gesneden friet die je eerst voorbakt en
vervolgens op bestelling afbakt. Goede kwaliteit , daar moet je
moeite voor doen, maar het trekt klanten tot uit Duitsland.

Frituur De Kommel
Brusselsestraat 17
6211 PA Maastricht
tel:043-3214436
[PR]
by moulegai | 2010-05-23 21:54 | 外食 cafe restaurant | Comments(4)