人気ブログランキング |

や〜久しぶりだね、浜ちゃん!Oh~ Hama-chan,Long Time, No See

d0047851_1192958.jpg
今日突然友が訪れた。
生まれも育ちもカリフォルニア・パサデーナ、USA。
しかしここにもうかなり長く住んでいる、
多分アメリカより長く住んでいる。
見た目は華僑系インドネシア人、
しかしよくオブザーブすると日本人のおじさん。
その人は私が「浜ちゃん」と呼んで
彼のお婆ちゃん代わりに彼の昔の思い出を
現実にここに再現しようかと......
そういう日系三世のミュージシャン。
昔カリフォルニアで結成したバンド
”アメリカン・ジプシー”のツアーでヨーロッパに渡り
そのままここに残ったそうだ。
いたくアイスクリームの好きな人、
それで三銃士も交えて
大アイスクリームパーティーとなった。

You can watch and listen to American Gypsy-Golden Ring on YouTube.

d0047851_22414440.jpg


アメリカ系のミュージシャンでこの辺りに住んでいる人は割と沢山居る。
例えばジョージ・マクレー
この人もこの近くに住んでいて、時々あうことがある。
かなり前だが彼のプロモーションの仕事のお手伝いをしたことがあったので割と顔見知り。
ユーチューブで彼がアムステルダムに1974年に来て撮った「ロック・ユア・ベイビー」PVがある
「ロック・ユア・ベイビー」
彼は、少しは歳をとった様に見えるがこのPVの画像といまだに殆ど同じ様なかんじだ。
しかしすごいね一度あの様なビッグヒットをとばすとその余韻でずっと食って行けるんだな〜。あの曲一つのヒットだけであとはあまりパッとしたものが無い。
これに関しては我が友「浜ちゃん」はそういうヒットが無かったので今ものすごく
苦労しているみたいです。ある意味かわいそう

もっとこのグループについてみたい人は下のmoreをクリック
there are more about it in English, click "more...." below



d0047851_22405495.jpg

Funk group of American origin. Since 1963, they performed under diverse names such as Blue Morning, Orpheus and Pasadena Ghetto Orchestra. When the group came to the Netherlands in 1972 and settled in Limburg, the line-up was: Joe Skeete (v, g, b), Michael Hamane (v, g), Lorenzo Mills (v, in 1980 to Max'n'Specs), Ricardo James (dr), David Harrell (v, g, s, fl) and Steve Clissby (s, p, o). During their American period, individual members recorded sessions with famous people: Barry White, The Byrds, Young Rascals, Frank Zappa, Jefferson Airplane, Dr. John and Santana. After 1977, a number of line-up changes took place, especially in the vocal department. The new drummer was Elout Smit (to Delrose and Streetlight). In 1978, Omar Dupree and Jetty Weels (ex-Sacha & Paul) assumed the vocal duties; both were ex-Rockaway Boulevard. In 1979, they were succeeded by Lisa Schulte (ex-Navel, in 1980 to the Houseband). In 1981, the line-up was: Joe Skeete (v, g, b), Steve Clissby (s, o, p), Steve Yellick (o, p) and Dennis Whitbread (dr, ex-Scene).

1974Angel eyes/Let your life be led by love Philips 6012435
Lady Eleanor/While it's cold outside Philips 6012463
LP Angel eyes Philips 6410066
1975Angel eyes/10,000 miles [in USA] Chess 2170
Central station/Oh why not Philips 6012510
1977Yoyo/Part 2 Negram 5C 006-25780
Yoyo/Part 2 [12"] Negram 5C 052-25780
1978Waterboy/Funkwar Negram 5C 006-26053
1979I'm o.k. you're o.k./Part 2 Philips 6012921
I'm o.k. you're o.k./Part 2 [12"] Philips 9198390
1981LP Love is e hazard Killroy KIL 21028 KL
1982No hangups/Love is e hazard Killroy KR 3594
Dutch charts:

AMERICAN GYPSY
1-6-74 SINGLE 8 9 ANGEL EYES
28-9-74 SINGLE 20 4 LADY ELEANOR
12-4-75 SINGLE tip CENTRAL STATION
31-12-77 SINGLE tip YO YO
18-8-79 SINGLE tip I'M O.K., YOU'RE O.K.

Dusty Groove America http://www.dustygroove.com/item.php?id=9c6285z69z
American Gypsy $19.99 ... CD (€12.56 || £9.99 || ¥2047) (approx.)
CD (Item 463227) Chess (Japan), 1975 -- Condition: New Copy
AMERICAN GYPSY
An album that begins with an amazing break -- and then rolls into a great batch of fuzzy guitar grooves! The set is one of the odder albums to be issued by Chess Records during its funk years -- as American Gypsy were a Dutch band, recording in Holland, and the record was only licensed to Chess for release in the US. We're not sure what made them make this international ploy in their dying years (as they also did with the album Atlantis, by Daniel Salinas), but the move gave them a great bit of funk that's been a favorite with collectors for years! At some point, the album's got a rock/soul sound -- almost in the vein of Thin Lizzy or some of the other European groups of the time -- but on the best cuts, that heavy guitar gets used to great funky ends, and the rest of the group jumps in line with a good groove. The most famous cut is the massive "Inside Out", which has an excellent breakbeat, funky bass, and very soulful grooves -- but other nice cuts include "Golden Ring", "While It's Cold Outside", and "Let Your Life Lead By Love".
d0047851_22414440.jpg


---------------------------------------------------------------------------------------
この様なことを書いてあったブログを見つけたので載せておきます。

d0047851_22401788.jpg

http://d.hatena.ne.jp/nyaofunhouse/20050912
2005-09-12 - Nyao’s Funtime!!2005-09-12 - Nyao’s Funtime!!
■[音楽]American Gypsyのベスト盤
あと渋谷のタワレコの3階でなぜか"American Gypsy"のベスト盤(というかアルバム"Angel Eyes"にシングル曲などボーナストラック12曲という構成)が猛プッシュされていて、しかも1,460円と安い。
American Gypsyといえばフリーソウルに"Golden Ring"って曲が収録されていて、これはかなり大人しめのフォーキーな曲だったのでグループにもそういう印象を持っていたのですが、他の曲ではリズムは跳ねるしシンセは唸るし、メチャクチャカッコいい!
これは是非おすすめしようと思って検索したのですが、ショッピングサイトどころかまともな情報が載っている所すらほとんどない*1。
さすがId:ten-Paさんの本家サイトでは紹介されていて
Http://Www.Geocities.Jp/Tenpa_200x/20040505_rev.Html
そこの記事によると
非常に謎に包まれたクループ。実はオランダのグループらしい。
とのこと。
あとは、英語のページで
Http://Www.Alexgitlin.Com/Americangypsy.Htm
が若干詳しいです。
このCDも、発売元はオランダのユニヴァーサル・ミュージックです。
自分にとってのベストトラックはシングル曲"Central Station"。シャッフル・ビートが気持ちよすぎる。
一度見たら忘れられないジャケット(上図参照)なので、もし目にしたら手にとってみてください。
タワレコ中心に流通している可能性はあると思うので。
---------------------------------------------------------------------------------------
Sweet Soul Music http://d.hatena.ne.jp/P5NEO/
2007年09月14日

■[今日聴いたもの] Golden Ring

文化祭一日目。メインの合唱コンクール。
うちのクラスの合唱は歌っている最中にテンポがドンドン速くなって、
ディープインパクト並のスピードの「空かける天馬」に。
それでも、金の指輪こそ有りませんが、なんとか金賞を獲得。
クラスの力が出るものだし、集団の力をつけていくための大切なイベントなので、結果そのものよりも、取り組み方には満足。

今日の通勤時に聴いていたのはAmerican Gypsyの『American Gypsy』('75 Chess)。

最近ユニバーサルからCD化されたもの。
このアメリカン・シプシーとか、ロータリー・コネクションといった
風変わりなグループの盤を出すのが、Chessの懐の深いところ。
(実際にはブルーズだけで成り立たなくなって、商売の幅を広げようというところかもしれませんが)。
この6人組のグループ(うち白人らしき人物が1名)、
山下洋氏の解説によると、噂通りオランダのグループらしい。
ヴォーカルはジャズ・ファンク系のグループによくある渋めの低音ヴォイス。
そのバリトンがフォーキーな曲調・アレンジの「10,000 Miles」や「Golden Ring」
の上に乗っかると、不思議な魅力を醸し出すもの。
ノリの良い「Stuck On You」が一番のお気に入りです。

眠くなってきたので、続きは週末に書き足します。

------------------------------------------------------------------------------------------
トラックバックURL : https://moulegai.exblog.jp/tb/7979864
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by moulegai | 2008-05-25 15:18 | Trackback | Comments(0)