人気ブログランキング |

息抜きに外に出ます
すぐ横の道の隣の家の庭に桑の木があります
桑の赤い実が落ちて歩道が真っ赤に染まっている

d0047851_934371.jpg



マーケット広場に出る
d0047851_1112586.jpg



d0047851_9345450.jpg
右へ曲がり商店街を横切り


d0047851_1115394.jpg
左手にディング・ハウスを見ながら
アイスクリームサロンのある道に行き当たる


d0047851_937214.jpg
アフォガードをすすりながら外を見る
どうしようか? 
雨が降りそう? 
まだ散歩を続けるか?


d0047851_938168.jpg
散歩を続ける
自分の好きなパティセリーのある路地を抜けて


d0047851_9383779.jpg
聖母教会の裏手に出る


d0047851_9391960.jpg
ヘルポート(十三世紀の城壁の出入り口)を抜けて


d0047851_1002999.jpg公園の東側へ入る


d0047851_101554.jpgかわいい動物達を眺めながら


d0047851_1013531.jpg


公園の西側の昔の熊の檻へ出る、そこで公園は終わり
d0047851_10245429.jpg



ダルタニャンの銅像を眺めながら道路に出るとそこには
自分の大好きなレストラン・ジャックがある
そこで休憩
d0047851_1092296.jpg

コース料理を満喫しお腹を支えながら外に出る


d0047851_10282583.jpg

修道院の前を通り、


教会の赤い鐘台を背中に見る
そうするともう自分の家にたどり着く
d0047851_10123845.jpg



近所をブラブラとした曇っているのに日が照っていた日曜の夕方でした
by moulegai | 2008-07-13 17:08 | Trackback | Comments(0)

year 1945, we were still young
d0047851_5595365.jpg
ドイツはトルコよりトルコなり20070619
Do you remember those days, guys?
We used to have nice Turkish food together in Aachen.

またまたドイツのトルコ 20070620
d0047851_6291826.jpg


いつも興味深いサイトの発掘に専念しておられるアヤノスケ博士にあやかってやってみました。
ここからはかなり近いのですがドイツのアーヘンAachenという町で撮ったもので
色々こちらで見る第二次世界大戦当時の写真という様な感じになった。
オリジナルは下記の写真
d0047851_611588.jpg
d0047851_8421279.jpg



「幕末古写真ジェネレータ」面白いのなんのはまりますよ。
by moulegai | 2008-07-03 22:55 | そうなんだ〜 oh~I see | Trackback | Comments(0)

Global Culture Festival

スリナム共和国
南アメリカ北東部の国,首都はパラマリボ,もとオランダ植民地,公用語はオランダ語
テロTelo/揚げたカッサバに塩鱈をほぐしてソースと和えたものをかけたもの
d0047851_755519.jpg

その他スリナム料理としてはMoksi Alesiという豆ご飯、Rotiチャパティーに肉や豆類のソースをかけたもの、Bojoスリナム風ケーキなどがある

アフリカ料理。これは漠然とした呼び方だと思うがこれを売っていたアフリカ人達が
自分達でそう呼んでいたので良しとしよう。
Sambusa/サモサの様なもの(殆ど同じ)、Aloko/プランテイン(バナナ)の素揚げ、
Madras Chicken/チキンカレー、Mafé/ピーナッツ&トマト&ココナッツミルクのソース、Boulette/ミートボール、その他/ご飯/サツマイモの素揚げ/アフリカ豆のパームオイル煮/
d0047851_7561050.jpg

スリナムのかき氷
こんなでかい厳かな機械に写真左手上にある投入口に氷の塊をガラガラと入れる。
ハンドルを押さえながらモータースイッチオン!
手前に落ちて来たものをすくってシロップをかけてくれる。
このシロップの味のバラエティーさは日本のかき氷の域をこえている。
d0047851_7565461.jpg

コンデンスミルク!!!これって日本みたい!
d0047851_7571036.jpg

by moulegai | 2008-06-07 19:35 | かたち  forma | Trackback | Comments(0)

グローバル・カルチャー・フェスティヴァル
アフリカ、エスニック/スリナム(オランダのもと植民地)の音楽コンサートがここの近所でもあるマーケット広場であった。
カルチャーといっても文化的な事は音楽と食べ物屋が出ている程度の程であった。
しかし食って飲んで歌って踊ってがわれわれ人間の文化の心髄なのですね。
主催者が大学ということもあってあまり程度は低くなりすぎず
楽しめるものであったと思う。
d0047851_7124711.jpg

黒人さんも白人さん達もレゲーに乗って体を熱情的に動かしています。
d0047851_7141640.jpg

他のバンドを批評しながら見入るアフリカのグループ。
d0047851_7143983.jpg

麻薬、そんなことを言ってはいけません。これこそカルチャーです。
コソコソなんかしてません、もうかなりオープンに皆さん吸っていらっしゃいます。
d0047851_7153335.jpg

by moulegai | 2008-06-07 19:19 | かたち  forma | Trackback | Comments(0)

チュレキTsoureki
d0047851_0413678.jpg

マスティハMastixa
d0047851_0291956.jpg

d0047851_0293468.jpg

d0047851_029585.jpg

d0047851_0301318.jpg

来る27日の日曜日はギリシャ正教の復活祭
それであのギリシャ人の彼女は張り切って皆を招待してくれる
多分チュレキTsoureki、ギリシャの復活祭のパンを焼く時間は無いとも思うし
いつもはそれは彼女の所では家族の誰かが買って持って来るのらしいので
じゃ私があのマスティハMastixaの入った正統なものを持って行こうと
予行練習であります
ちなみにマハレピ/マフレピ Mahlepiというサクランボの種のパウダーもどきもいれてみた
彼方此方検索してみるとカルダモン/カクレ Kakoule (Cardamon)も入るようなレシピが多い
by moulegai | 2008-04-22 22:22 | 麺飯パンNoodleRiceBread | Trackback | Comments(0)

お昼に魚屋の白身魚に天ぷら衣をつけて揚げたようなものをを食べた
屋台で揚げたてをホクホクとほうばる
しかし今日は家で皿にのせて猫君達とビジネスランチ

カトリックは何故金曜日を魚を食べる日と決めたのであろうか?
魚を食べる日ではなく、肉を食べない日と言ったほうが正しいと思う
by moulegai | 2008-04-04 12:12 | 海 sea | Trackback | Comments(0)

さてさてカーニヴァルも今夜で終わり、今教会の広場では最後を告げる魔女の大きな人形をつり下げてもやしているところ。
私はその騒ぎをBGMに週末に買い置きしておいた野菜のスパゲッティを食べる
食後は今朝早く焼いたクッキーとエスプレッソを堪能し明日(灰の水曜日)からの仕事の鋭気をを養う


d0047851_839913.jpg

キャベツとブラウンマッシュルーム、チャービルで香り付け
オリーヴオイルとペコリーノをたっぷりとかけて


d0047851_8504443.jpg

ENGLISH TOFFEE COOKIES
これは絶対おすすめクッキー、レシピは前に載せておいたので頑張って英語を読んで作ってね
焼く温度と時間は 180℃/40分
このクッキーはいまイチローが野球で頑張っているあたりでの私の高校時代ホストマザーが良く焼いていたもの
ちなみにあの高校は今は亡きニルヴァナのカート・コバーンがいたところでもあるとか
by moulegai | 2008-02-05 20:38 | ボンボン bonbon | Trackback | Comments(0)

新年に温かな心をあなたにプレゼント

d0047851_4495051.jpg

聖シルヴェスターのハート
ローカル色のバレンタインデー
ここでは1月1日に愛を告げます。
Saint Valentine, Saint Silvester も同じような役割を、、、
ボンボンがハートの形の容れ物に入っている、これもチョコレートの場合が多い
by moulegai | 2008-01-01 01:01 | ボンボン bonbon | Trackback | Comments(0)

フッツポット hutspot

食後のエスプレッソ&15年ダッチジン
after dinner espresso & 15-year korenwijn(Dutch gin)
d0047851_833473.jpg



フッツポット hutspot
d0047851_865792.jpg


フッツポット hutspotのレシピ作りかた材料およびその背景となる歴史ストーリーが続きます

時は1574年、ライデンでの出来事

引用
by moulegai | 2007-12-12 21:12 | Trackback | Comments(1)

さてさてあの教会広場にまたまた冬に光をくれる市がたってます
去年はここ
ホテルのバルコニーに設置されていた広場を見下ろすウエブカムはしばらくお休みみたいです
今日はさっそくその広場に来ているベルギーの揚げ芋屋からポムフリット(フライドポテト)とミートボールをゲット
マヨネーズでポムフリットを食べるのが主流、正道である!!! (笑)
d0047851_8385526.jpg

左に見える瓶はベルギーのマヨネーズ、濃厚でまったりしている
右はcurryと書いてあるのが見える、カレーケチャップ
これがおもしろい、日本には無い味かも
何かに例えるならば、んん〜、強いて言えばお好み焼きソース的な味かも...
自分が好きな食べ方としてはみじん切りの玉葱とこのカレーケチャップをフリットにつけて

二〇〇七年一月四日の写真
by moulegai | 2007-12-02 21:21 | 外食 cafe restaurant | Trackback | Comments(0)